『 付加価値から頭を切り離してみましょう 』

『 付加価値から頭を切り離してみましょう 』

一般的にマーケティングの世界ではいかに付加価値をつけて高く物を販売するかって視点の販売方法ばかりが伝達されてきていますが、それに疑問を持った事は ないでしょうか?あなたが販売者の立場だったら高く売れたほうが嬉しいと思うかもしれません。では逆に消費者の立場にたった場合はどうでしょうか?高く買 いたいですか?多くの方は高く買いたいと思わないはずです。しかし、販売者は高く売ろうとする。ごく一部のお金を持っている層を相手にすれば高くてもいい ものという観点もわかります。販売している商品が完璧にその層にマッチする商品であれば高くても売れるんですが、一般的な商売人が扱う商品てその層にマッ チしていない商品ばかりなんですね。それを付加価値つけて売ろうとしてしまうことに無理があると思いませんか?

shutterstock_193330931

付加価値対策というのはバブルが弾けるまでは非常に有効に機能したんですがバブル崩壊と共に徐々に機能しなくなってきています。

今現在付加価値対策を推し進める大手は総崩れに近い状態になり、
逆に勢いを増しているのはハイバリューの業界。

時代が変わってきてる。

今の時代のお客様は付加価値などまったく求めていない。
一昔前のPCは高かったですよね。30万40万平気でしました。
しかし、今は安くなってきている。

生産量が増えたという事もあれば安い中国製のPCなども出てきて
それが普及しだした。
日本製のPCはVAIOからしても総崩れ。
日本製のPCが高かった理由のひとつにいらないソフトが沢山入っていた
PC以外にもいらない機能が一杯ついて物の値段を釣り上げる原因を作ったものが沢山ありましたが、その機能って使ったことがないって人が
殆どだと思います。

使いもしない機能をつけて付加価値といって高く売る。
そんな商品に消費者がそっぽ向いたんですね。

消費者はそういった機能はいらない。
しかし、売り手側は高く売りたいわけです。

そこにギャップが生まれて販売者は売るのに苦労する。

どうしても高額の商品を売りたがる。

特にセミナー業界はその傾向がありますよね。
例えば20万円とかのセミナー。

20万とかのセミナーに参加できる人と2万円のセミナーに参加できる人
どちらが多いかは誰が考えてもわかると思いますがもちろん2万円のセミナーのほうが参加できる人は多いです。

しかし、20万のほうを販売したがる人が多いです。
ちょっと考えてみればわかると思いますが20万のものってつかめる人は
少数です。

仮に100人に一人としましょう。

100人に一人20万を買ってもらえば20万の売上げです。

ではこれを2万円にしたら残りの99人狙えませんかね?
仮に半分の50人にでもいいです。
2万円で販売した場合100万の売上げです。

もっと確立を下げて30人が購入した場合は?
60万円の売上げ何ですね。

20万の商品売るより2万で売ったほうが売上げ確立が高くなります。

圧倒的につかめる人が増えるからです。
そして20万の商品の品質はお客様は求めないですよね。
しかも、顧客リストが圧倒的に多く手に入る。

どっちが得かなんて一目瞭然ですよね?

しかし、物売りをする人は高く売ることばかり考える。

しかし、少し考え方をずらせば
幾らでも顧客集めには苦労はしないんです。
お客様つかむのに苦労するのはお客様の困った事を解決していないからです。

お客様は買いたいんです。
しかし、付加価値つけて売り手側の勝手な都合で高く売ろうとするから買いたくても買えない。

商売ってのは元々物々交換です。
等価の交換なんですね。

それを途中から売り手側が品薄な時代に売り手有利に作り変えたんです。
それが付加価値対策。

それやっている限りお客様が見えなくなるんですよ。
付加価値対策を捨てみてください。
物・サービスを売るのってこんなに簡単なだって気付くから。

お客様の事を考える。お客様の視線を手に入れると
ビジネスは爆発的に伸びますよ。

もっと勉強したいと言う方がいましたら毎週末メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。興味のある方は下記から。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm…

メルマガは0円集客という件名で届きます。

こちらも大好評です。
無料レポート
「どん底に落ちたからわかった人生逆転の法則」と
「成果を出すビジネスを組み立てる7ステップ」の
無料メール講座興味のある方は下記から

http://www.clicktrade.jp/mail2/index.html
ビジネス以外にマインド的なこともたまに書いたりします。

Read More

【メルマガを見て売上げ1.5倍。売上げ100万超えてきたそうです 】

先日、コンサルティングの仕事をされている方お客様から嬉しいご報告を頂きました。私の発行している無料メルマガ0円集客というメルマガがあるのですがそ のメルマガを見てビジネスの調整をやっていたら売上げ1.5倍になったそうです。コンサルティングと言う仕事をやっている方で私が直接指導したわけではな くメルマガを見て改善しただけでこの成果が出たようです。

 

shutterstock_270938732

メルマガだけでそうなったので今は私の運営するWEB講座のwebwebに申込みいただきこちらも内容を見ているだけなのですがコンサルティングとして起業2年目で売上げ100万を超える月も出てきて法人化を目指していますと言う嬉しい報告を頂きました。

メルマガだけで売上げ1.5倍って中々出ない数字ですが私のメルマガかなり長文で容赦無くかいています。それもあってだと思いますが、

無料メルマガなのですがその辺で有料でされているセミナーよりはるかに濃い内容が掲載されています。

下記に以前発行したメルマガのサンプルを貼り付けて起きますので
興味のある方は無料ですので登録していただければと思います。

興味のある方は下記から
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=skynet&MagazineID=1&MoreItem=1

サンプルは下記になります。


 

 

0円集客メルマガをお読み頂きありがとうございます。
0円集客・WEB戦略仕掛人の桑原です。

 

先日、ドックフードを販売されているお客様から
1ヶ月の売上げが150万を超えましたという嬉しい報告を
頂きました。

 

このお客様最初に私のところに申込まれた時の売上げは
20~30万ほどという報告を頂いていたと思います。
そこからいい感じで売上げが伸びてきましたね。

 

とはいえ目標数値は月1000万とかですのでマダマダですが
商材がリピート商材ですのでいい感じで増加していきそうです。
毎月20%増という感じで売上げが推移しているようですので

 

来年中ぐらいには届くかもしれませんね。
始めは指導したFACEBOOKページとかも疑問を持ちながら
半信半疑だったのですが今はそのページからの影響力が
販売に大きく貢献するようになって来ていますね。

 

そして、このお客様は今毎日の注文数を処理する作業が
結構手間になってきているのでその作業を消す為に
倉庫などへのオペレーションを検討してもらい
その作業を減らしさらに配送作業のコスト削減なども
やっていただいています。

 

コストコントロールですね。
一般的にコストコントロールとか言うと殆どの方は
節約という事を思いつきコピー用紙の裏紙を使ったり
経費削減を始めますが

 

本来のコストコントロールとはそういう意味ではなく
作業を消すことです。
余計な作業を消すことにより時間的にも経費的にも
有利なビジネス展開を作っていきます。

 

経費削減とかではした金をコントロールすることではありません。

 

消すことにより大きく時間が空いたり
大きな経費が浮くことをコントロールします。
これをすることで売上げを上げなくても利益を出せる体制に
ビジネスを最適化していく。

 

しかし、ほとんどはまず売上げを上げることしか考えない。
そして、作業を増やして利益を落としていく
売上げではなく必要なのは利益ね。

 

その為に余計な仕事増やして売り上げ上げにいくと
利益率が落ちるんです。
それを解消する為にコストコントロールをするんですね。

 

でも一般的にはそんな事、知らないもんね。

 

売上げさえ上げればいいって思っている人ばかりですね。
売上げ上げにいって利益落としていれば意味はないですよ。

 

一般で言われているマーケティングって言うものは
経営で考えたら穴だらけなんです。
そういうの知らないで経営しているから上手く行かないんですね。

 

それ以外にも私が教えている物販ね。
ありがたいことに非常に人気があり現在
10人ほどコンサルの順番待ちを頂いています。
ちなみに募集はしていませんが希望がどんどん来ます。
本格的に募集したら凄いことになりそうですね。

 

定員に空きが出ましたらお知らせいたしますが、
何時、空くかわかりませんのでその前に提供できる
サービスを別途作成させていただく形で動かせていただきますね。

 

で、何でこのサービス人気かといえば
指導内容で一般的には売り方を教えます。

 

しかし、この物販は売り方を教えません。
売り方を使わなくても売れる商品の探し方と
商品の仕入れ調整の仕方などを教えていきます。

 

本日もまったく商品が売れないという報告を頂きました
お客様に価格調整のことを教えたらたった50円変えただけで
試し売りの商品があっという間に売れましたという
報告が入りました。

 

売ってる方はたったの50円で?と
思うかもしれませんが
これが消費者心理なんです。

 

そんな事も考えないでとにかく売り方を駆使しましょうって
指導が多いですがそんな事しなくても物は売れます。

 

7商品×3品とか仕入れしてもらい先日まで
まったく売れなかったお客様も調整をしたらどんどん売れて行き
売れ残りは全部で3品まで来て50個の本仕入れに
移ってもらっている人もいます。

 

ちょっとした事で売れなかった同じ商品が売れ出す。
そんなものです。

 

同じく中々業績が伸びなかった方が10日で40個売れて
こんなに売れると思っていなかったので在庫切れになります
と言う連絡が昨日来ました。

 

この商品在庫切れを起こさなければ売れ行きは伸びますので
月に150個ほどは売ると思います。
ちなみに粗利71%の商品です。
売り方なんかまったくやらせてないですよ。

 

売れる商品だから売れてるんです。
売り方駆使しなくても売れるから利益率もいい。

 

そして、利益を出すために在庫量の調整をしたりします。
適正在庫数と言うのがあり
多すぎても駄目だし少なすぎても駄目です。

 

例えばロット 50個なら仕入値2000円の商品があって
この商品の50個の在庫が1ヶ月でなくなるとします。

 

しかし、この商品仕入れロットを1000個にした場合
仕入値が700円とかに落ちたりする場合があったりするんですね。

 

そうすると1個売った際の利益は1300円多くなりますよね。

 

なのでそちらの方が得だと考えて何も考えずロットを
増やしに行く人もいますが1ヶ月に50個しか売れないんですから
この在庫1000仕入れた場合20ヶ月資金を寝かせることになります。

 

当然、毎月徐々に在庫数はなくなるのですが
700円×1000個ですから約70万円
50個なら10万で済みますから60万の
資金を眠らせることになりますよね?

 

その資金、他に回せばもっと売れる商品が見つかり
1300円ぐらいの利益他から取れないでしょうか?
しかも回転率がよければ繰り返し利益を運ぶことも可能です。

 

安ければいいという考えが資金効率を悪くするんです。

 

これを正すためにあるべき在庫の姿を計算する為に
交差主義比率という計算方法があります。

 

粗利益率×回転率の目安が200になるように
計算して仕入れを行うと利益が一番出やすくなります。

 

そういうの計算して仕入れの調整を行います。

 

多分殆どの人そんな事、知らないもんね。

 

とにかく売ればいいって単純発想でやっている人が
殆ど安く仕入れればいいってことしか考えない人もいますが
それが在庫ロスを起こし倒産の原因を作っているって事
そんな事、知らないもんね。

 

好きを仕事にってビジネスに参入するけど
その参入したビジネスの種類にマーケットがどれぐらいあるか?
考えたことってありますか?

 

世の中には無責任に好きを仕事にって進めている
いるコンサルもいますがその好きなジャンルのマーケットが
殆ど無かったら幾らやっても売上げは上がらないんです。

 

マーケットサイズと言うのもがあるのをご存知ですか?

 

国民一人当たりの業種や商品ごとの年間消費金額を
業種や商品に合わせて割りだしたものです。
赤ちゃんから老人までの日本人口の
一人当たりの消費金額ですね。

 

あなたが参入した業界のマーケットサイズが小さければ
幾らやっても売上げは限定される。
商売の選択の段階で市場が無いものに参入していたら
やれどもやれども成果は付いてきません。

 

ちなみに
化粧品で一人当たり年間13010円
細かい商品ではそろばん10円とか
ファンシー文房具1180円とか

 

各ジャンルごとに区分けされて数字が出ています。
これに商圏人口をかけると予測できる売上げ規模が出てきます。
そのうちの何パーセントを取るか?

 

ビジネスってデーターで勝負るんです。
大きくなる処はそういうの使って闘っているわけです。
すでに参入する段階で勝てる見込みがあるかどうかわかり
ビジネススタートした時には勝負って付いてるんですね。

 

そんな事、多くの経営者は知らないもんね?

 

もっと言えばさらにライバル数を数えて
そのエリアにどのぐらいのライバルがいるかまで調査して
一番有利なエリアに店を構える。

 

これを支持人口と言います。
人口が多くてもライバルが多ければ自分の店を選んでもらえる確立は
極端に悪くなるんです。

 

ですので売り上げを伸ばす店は自分のお店を利用する人口を
割り出します。
正確に言えばお店の席、1席当たり何人か?まで割り出して
出店するかどうかを考えます。
そんな事知らずに、適当に手に入る店舗に店作って
潰れていくんです。

 

ライバルが多く激化した内容のセミナーを
ライバルが多い市場で展開して客が集まらないって言って嘆くんです。

 

ネット物販でライバルだらけの商品掴んで売れないな~~
どうやったら売れるんだろうって経費のかかる動きをして
資金減らしていくんです。

 

そんな事、言われたって知らないもんね?

 

借金の適正な金額も知らないし
利益の配分方法も知らないし
マニュアルの意味もしらないし
未だに社員の自主性求てる経営者もいる。

 

それら知らなくってもしょうがないですよね?

 

本当にそうなんでしょうか?
知らないでいいんでしょうかね?

 

それで済む時代かどうか考えてみることです。

 

何も知らないから上手く行かないんじゃないでしょうか?
ここに書いたのなんかほんの一部ですが
知っててデーターそろえて
ビジネスやるところと全て感やアイデアで
ビジネスをやるところでどっちが
勝つかなんて目に見えていますよね。

 

アイデアや感でビジネスはしない事です。
たまたま、アイデアで勝ち抜けたとしても
ビジネスで出る判断の数、数千数万数十万回の判断を
アイデアで乗り切り続ける人なんか一人もいないんです。

 

しっかり勉強すべきだと私は思いますよ。
私も知らなかったんです。
こんなことは、知らないから勉強したんです。

 

知らないで果たして済むのかな?
これからますます競争は激化しますよ。
そうなって売り方一本で私は生き残れるととても思えません。

 

消費者は賢いし時代も動きますからね。
ここらで経営というものを本気で勉強してみることを
お勧めいたします。

 

本日はこの辺で

 

ヨロチクビー

 

上記のような感じの超長文のメルマガですが毎週発行しています。
メルマガだけで売上げ1.5倍って中々出ない数字ですよね。

 

このメルマガに興味のある方は下記からご登録いただけます。
無料メルマガ 0円集客~集客方法・ビジネスマインドを学ぶは
下記から登録いただけます。

 

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=skynet&MagazineID=1&MoreItem=1

Read More