『 付加価値から頭を切り離してみましょう 』

『 付加価値から頭を切り離してみましょう 』

一般的にマーケティングの世界ではいかに付加価値をつけて高く物を販売するかって視点の販売方法ばかりが伝達されてきていますが、それに疑問を持った事は ないでしょうか?あなたが販売者の立場だったら高く売れたほうが嬉しいと思うかもしれません。では逆に消費者の立場にたった場合はどうでしょうか?高く買 いたいですか?多くの方は高く買いたいと思わないはずです。しかし、販売者は高く売ろうとする。ごく一部のお金を持っている層を相手にすれば高くてもいい ものという観点もわかります。販売している商品が完璧にその層にマッチする商品であれば高くても売れるんですが、一般的な商売人が扱う商品てその層にマッ チしていない商品ばかりなんですね。それを付加価値つけて売ろうとしてしまうことに無理があると思いませんか?

shutterstock_193330931

付加価値対策というのはバブルが弾けるまでは非常に有効に機能したんですがバブル崩壊と共に徐々に機能しなくなってきています。

今現在付加価値対策を推し進める大手は総崩れに近い状態になり、
逆に勢いを増しているのはハイバリューの業界。

時代が変わってきてる。

今の時代のお客様は付加価値などまったく求めていない。
一昔前のPCは高かったですよね。30万40万平気でしました。
しかし、今は安くなってきている。

生産量が増えたという事もあれば安い中国製のPCなども出てきて
それが普及しだした。
日本製のPCはVAIOからしても総崩れ。
日本製のPCが高かった理由のひとつにいらないソフトが沢山入っていた
PC以外にもいらない機能が一杯ついて物の値段を釣り上げる原因を作ったものが沢山ありましたが、その機能って使ったことがないって人が
殆どだと思います。

使いもしない機能をつけて付加価値といって高く売る。
そんな商品に消費者がそっぽ向いたんですね。

消費者はそういった機能はいらない。
しかし、売り手側は高く売りたいわけです。

そこにギャップが生まれて販売者は売るのに苦労する。

どうしても高額の商品を売りたがる。

特にセミナー業界はその傾向がありますよね。
例えば20万円とかのセミナー。

20万とかのセミナーに参加できる人と2万円のセミナーに参加できる人
どちらが多いかは誰が考えてもわかると思いますがもちろん2万円のセミナーのほうが参加できる人は多いです。

しかし、20万のほうを販売したがる人が多いです。
ちょっと考えてみればわかると思いますが20万のものってつかめる人は
少数です。

仮に100人に一人としましょう。

100人に一人20万を買ってもらえば20万の売上げです。

ではこれを2万円にしたら残りの99人狙えませんかね?
仮に半分の50人にでもいいです。
2万円で販売した場合100万の売上げです。

もっと確立を下げて30人が購入した場合は?
60万円の売上げ何ですね。

20万の商品売るより2万で売ったほうが売上げ確立が高くなります。

圧倒的につかめる人が増えるからです。
そして20万の商品の品質はお客様は求めないですよね。
しかも、顧客リストが圧倒的に多く手に入る。

どっちが得かなんて一目瞭然ですよね?

しかし、物売りをする人は高く売ることばかり考える。

しかし、少し考え方をずらせば
幾らでも顧客集めには苦労はしないんです。
お客様つかむのに苦労するのはお客様の困った事を解決していないからです。

お客様は買いたいんです。
しかし、付加価値つけて売り手側の勝手な都合で高く売ろうとするから買いたくても買えない。

商売ってのは元々物々交換です。
等価の交換なんですね。

それを途中から売り手側が品薄な時代に売り手有利に作り変えたんです。
それが付加価値対策。

それやっている限りお客様が見えなくなるんですよ。
付加価値対策を捨てみてください。
物・サービスを売るのってこんなに簡単なだって気付くから。

お客様の事を考える。お客様の視線を手に入れると
ビジネスは爆発的に伸びますよ。

もっと勉強したいと言う方がいましたら毎週末メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。興味のある方は下記から。

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm…

メルマガは0円集客という件名で届きます。

こちらも大好評です。
無料レポート
「どん底に落ちたからわかった人生逆転の法則」と
「成果を出すビジネスを組み立てる7ステップ」の
無料メール講座興味のある方は下記から

http://www.clicktrade.jp/mail2/index.html
ビジネス以外にマインド的なこともたまに書いたりします。

LINEで送る