安売りは技術だ!!

shutterstock_274471589私が今、ビジネスに持ち込んで多くの成果を出している原理原則の中で話される話でこんな話があります。

 
「安売りは技術だ!!!」
 
というお話ですね。一般的に安売りするお店って昨日も触れたのですが商売人には毛嫌いされます。
しかし、お客様には喜ばれますよね。お客様はそれを求めている訳です。そのお客様の要望に答えているだけなんですが同業からは毛嫌いされる。 
 
これ理由は簡単ですね。
安く売っているところにはそれができて毛嫌いしているところにはそれをする腕がないからなんですね。
 
だから嫌うんですが、商売で考えたらおかしな話でお客様のために懸命に努力して安く売れるようにがんばった会社をその努力もせずに胡坐書いている会社がけなすって話ですから。
 
しかし、お客様は正直ですよね。
お客様の立場で仕事した会社にお客様は集まる。
どうやったらお客様に安く提供できるか?
それをやっても経営が成り立ち稼げる会社にどうやったらなれるのか?徹底的に追求して実践した会社にお客様は集まります。
 
安くっても経営を成り立たせなければならないんです。
 
仕入れの調整
事務所店舗の経費の調整
マネージメント
資金管理
売れ筋の開発
時流にあわせたモデル
 
何一つかけても安く売ってビジネスを成り立たすことはできないんです。それをやっても成り立つ経営構図を作ってお客様に提供する努力をやったからお客様はその会社をそのサービスを選んだって事です。
 
安く売っても利益を出さないと会社はつぶれるんです。
利益を出しつつお客様にいかに喜んでもらえる価格で提供できるかって技術を磨いた会社を何もせずに高く売ることしか考えていない会社に文句言われるっておかしな話だなと思います。
 
安く売り技術を懸命に磨き達成できたからそこにお客様が集まってくる。客集めのためだけの安売りじゃないんですよ。
その技術がなければ安売りなんかしたら真っ先につぶれます。
 
その努力をお客様が選んで買いにくるってだけです。
 
一方、高く売るのも技術ですよ。
ただし、高く売る技術はお客様のためのものではなく自社が潤うための技術の場合が多いですよね。それをお客様は見抜きます。
 
いいものは高い。これはお客様も知っているんです。
世界三大時計ってのがあるのですが技術力はものすごいです。
ロレックスってブランド有名ですがあのロレックスは三大時計に入っていません。けど物がいいのはお客様はわかっていますよね。
 
物がいいならお客様は高くても買います。
それは売る為の技術ではなく職人の技術が高いんです。
そういうものなら高くても消費者は購入しますが、
 
高く打って売れない会社は間違った価値を提供します。
大して価値もない商品を高く売る技術を学んで高額で売ろうとします。それって胸を張ってお客様のためっていえるのでしょうか?
 
本当によい商品で価値と価格が合うのでしたらお客様は勝手にかって行きます。売れていないのならその価値と価格はあっていないんです。売り手側の勝手な思い込みです。
 
そこを修正すると売れるようになってきますよ。
 
売り手がこの商品はこの価格って決めるんじゃないんです。選ぶのはお客様そして市場を見て価格を決めていきます。
これも技術ですよね。
 
高いもの安いのもいい物もすべて技術なんです。
できないからってほかの技術にふたをしない学べばいいと思うんですけどね。

この考え方を根本から解説した無料レポートがあります。
興味のある方は下記から
売り方マーケティング7つの間違い


LINEで送る